京の通り名

京都の市街地は碁盤の目に例えられるように、東西・南北の通りは全て直角に交差しています。京都の住所には、他の都市と同じように、「京都市○○区△△町××番地」と表示するほか、南北の通りと東西の通りを組み合わせて、その交差した所から

  • 北へ行く場合は「上ル(あがる)」
  • 南へ行く場合は「下ル(さがる)」
  • 東へ行く場合は「東入ル(ひがしいる)」
  • 西へ行く場合は「西入ル(にしいる)」

と表現します。「京都市中京区河原町通三条下ル○丁目△町」といった感じです。地元の人は、通常、こちらの方をよく使います。

通り名の説明図1
<図1>

そこで、住所の呼び方の基本ですが、図1の京漬物屋の例でいうと下記のようになります。

  1. まず、その地点が面している通りを言います。「河原町通」(この時、送り仮名の「り」は付けません)と、「通」まで付けて呼ぶことにより、「河原町通」に面していることが分かります。
  2. 次に、交差する最寄の通りを言います。河原町通に面して、かつ三条通に近い場所なので「河原町通三条…」となります。このとき「三条通」とは言わず、「通」を省いて「三条」と言います。これで碁盤の目の縦と横の通りが交差する一地点を特定することができます。
  3. そして、特定したその地点から、「上ル、下ル、東入ル、西入ル」のいずれかを付け加えて言います。その地点を南に行ったところなので「河原町通三条下ル」というふうになります。
  4. また、通りから入った路地にある、図1の京和菓子屋の例だと、「河原町通三条下ル○丁目東入北」というふうになります。最後の「東入北」というのは、東に入った通りの北側に面していることを指します。

もう一つ、図1の京扇子屋の例では、「京都市下京区四条通寺町東入…」というふうになります。

最後に重要なポイントが一つ。それは、せめて「北」はどちらの方角か、をつかんでおくことです。

通り名を表す表示板
通り名を表す表示板

上の写真、パッと見た目には何の変哲もないただの住居表示なのですが、よく見ると「下京区」という表記が右から左へ向けて記載してあり、「区」の字が昔表記になっています。そして今となっては見られないでしょうが、住居表示の下には「仁丹」の企業広告(遠い昔には街中でよく見ていたような思いがして、何か懐かしい!!)。そして何よりも、この住居表示が「通り名」を基点に場所を示す、京都市中心部で使われている住居表示となっています。

この京の「通り名」を使った住居表示は、「条坊制」と呼ばれる碁盤の目の計画都市として作られた平安京(794年(延暦13年)に桓武天皇により定められた日本の首都。「鳴くよ(794)ウグイス(若しくは泣くよ(794)坊さん)平安京」の年号語呂合わせは有名!昔一生懸命に覚えてましたね〜。)以来受け継がれている、千年の長きに亘る伝統的な表示法ということで、現在では、上京区、中京区、下京区、東山区の4区と左京区の一部に残っているようです。

一つ見つけると他にもあちこちで見かけられるのかなと思いきや、さすがに見当たりませんでした。

この住居表示看板は、建物の外壁に釘で打ち付けてあるのですが、街の建物もすっかり依然と変わって建て替えられたのか、今ではこうした昔風の「通り名」の入った住居表示看板も減ってきているのでしょうね・・・。

posted by はんなり・ジャーニー at 21:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る