地域区分について

京都に関連する事としてよく、洛北洛東洛中洛西洛南といった地域を表す言葉が使われます。いろんな書籍等にもよく出てくる言葉です。それらの間には境界の基準となるものがあるんだろうとばかり思っていました。

ところが、色んな書籍を見ているうちにごく稀に、ある寺社が、こちらの書籍では洛東に入っているのに、他の書籍では洛南に入っている、というようなことがあります。

実は、明確に統一された境界の基準はありません。それぞれに定義して使用しているんですね。ただほぼ同様の区分けとなっているので、殆どのところは同じ地域に記載されます。境界とされた付近でごく稀に上記のようにある寺社について地域の異なるところがでてくるようです。

当サイトでは、豊臣秀吉が当時京の町に張り巡らしたとされる「御土居」の内を洛中として基準設定し、その境界より北を洛北、西を洛西、東を洛東、南を洛南としています。詳細は下記をご覧下さい。

御土居

御土居
史跡「御土居」の案内版より(北野天満宮)

「御土居」は、豊臣秀吉が天下を取って後、京都整備事業の最後に着手したもので、京の町の周り、すなわち、東は鴨川の西岸から、西は紙屋川(北野天満宮の西側を沿って流れている川で、上図には記載されていません)の東岸まで、北は鷹ヶ峯から、南は九条までと、その周囲約23kmに渡って高さ3m前後の城壁のように張り巡らされたもので、台形の土塁と堀(堀の一部は川、池、沼を利用)から成っていたとされています。

紙屋川の方から見た御土居
北野天満宮の西側に沿って流れる紙屋川の方から見た御土居の斜面。紙屋川堤防の位置から約8m強の高さにまで及んでいます。写真の右手奥が北野天満宮の境内へとつながっています。
北野天満宮境内から見た御土居
北野天満宮の境内で見られる、石垣が組まれた御土居。

「御土居」は、外敵の侵入を防ぐ軍事的機能と、鴨川、紙屋川の洪水対策の役割を担っていました。加えて、「御土居」の内を洛中として、洛外との境界を明確にし、市街地の範囲を示すものでした。

着工は天正19(1591)年閏正月で、同年5月にはすでにその全貌を表していたといわれます。大掛かりな工事が当時としては非常に短期間のうちに行われたのです。

そして、「御土居」の要所には門が設けられました。北は鷹ヶ峯の「長坂口」、東は賀茂川出雲路橋の「鞍馬口」、寺町今出川の「大原口」、三条大橋の「粟田口」、南に五条大橋の「伏見口」、東寺の「鳥羽口」、西に七条千本の「丹波口」と、いわゆる「京の七口」が開かれたのです。いったん緩急ある時は、その門を閉じて洛中を防衛するように意図されていました。

ただこの「御土居」もそのほとんどが江戸時代に次々に取り壊され、現在ではほとんど形状をとどめず、北部・西部・東部の一部にわずかに残存しているに過ぎません。

このサイトでは上記の「御土居」を基に洛北洛東洛中洛西洛南の各地域について下図のように区分けしています。

地域区分マップ

ここでは、北は丹波高原に連なる北山の一帯から、南は北山通までの左京、右京、北区の京都市北部地域を『洛北』としています。

このエリアには、藁葺き屋根の民家や侘びた古寺社が風情を漂わす大原の里、かつては京野菜などの供給地で、また貴族や文人の別業地でもあった修学院、上賀茂、鷹ヶ峯、そしてその奥にあって隠れ里とされてきた鞍馬や貴船があります。

≪この地域の世界遺産≫
延暦寺
上賀茂神社(賀茂別雷神社)

ここでは、東山連峰の山すそから賀茂川・鴨川東岸、北は北山通から南は九条通まで東山区の大半と左京、山科区の一部を含めた地域を『洛東』としています。

このエリアには銀閣寺、法然院安楽寺、南禅寺、八坂神社、高台寺真正極楽寺(真如堂)などの社寺や、哲学の道一念坂・二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)、五条坂、ねねの道石塀小路祇園新橋花見小路通などの散策の道もあり、是非歩いて回りたい所です。特に秋には燃えるような楓が乱舞する禅林寺(永観堂)は必見ものです。観光シーズンには最も混雑する地域の一つでもあります。

≪この地域の世界遺産≫
清水寺
銀閣寺

洛中とは、豊臣秀吉が周囲に巡らした長大なお土居の内側、つまりここが京都、というエリアを示した言葉で、現在もこの地域が京都市の中心部であることに変わりはありません。

ここでは、北は北山通から南は九条通まで、東は賀茂川・鴨川から、西は西大路通までの地域を『洛中』としています。

このエリアには、明治2年に御所が東京に移るまで天皇・公家が住まいした雅やかな、今日では市民の憩いの場となっている京都御苑、賀茂川と高野川が合流する地に広がる糺の森に鎮座する、流鏑馬、葵祭の社・下鴨神社などがあります。

≪この地域の世界遺産≫
下鴨神社(賀茂御祖神社)
東寺
西本願寺
二条城

西

ここでは、西大路通以西の、京都市西部を流れる桂川の東岸に広がる右京区と西岸の西京区および西山一帯の地域を『洛西』としています。

このエリアは、春は桜、秋は楓が乱舞する景勝の地・嵐山や、世を厭う貴族や文人達が「わびずまい」した田園風景の広がる嵯峨野神護寺高山寺の古刹を擁する「三尾」(高尾(雄)、槇尾、栂尾の3地区の総称)と呼ばれる地や、平安・鎌倉・室町・安土桃山そして江戸時代と長きに渡って皇族・貴族・武士たちが別荘や寺院を造営した衣笠・御室一帯、と見応え十分の地域です。

西山(大原野)は西京区の南から向日市、長岡京市を含む地域で、ここも史跡が多く、また社寺の立つ山際の道には竹林が残り、ハイキングコースにもなっています。

≪この地域の世界遺産≫
金閣寺
高山寺
西芳寺
天龍寺
仁和寺
龍安寺

ここでは、九条通以南で桂川以東に広がる南区、伏見区、東山区・山科区南部、宇治に至る地域を『洛南』としています。

このエリアには、壮麗な伽藍を擁する紅葉の大禅刹・東福寺や、極楽浄土を具現化した浄土庭園発祥の寺院・平等院、寺院の広さでは京都でも屈指の大寺院である醍醐寺(上醍醐下醍醐)などがあります。

≪この地域の世界遺産≫
宇治上神社
醍醐寺(上醍醐下醍醐
平等院
posted by はんなり・ジャーニー at 11:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る