祇園町南側 花見小路通
〜古都・スポット風景〜

昔ながらの風情を見せる花見小路通と路地昔ながらの風情を見せる花見小路通と路地
写真 

京都・八坂神社の西に広がる地域に、花街情緒あふれる町並みで知られる祇園があります。 東は八坂神社、西は大和大路通(縄手通)、北は新橋通、南は建仁寺界隈までが祇園と呼ばれる地域です。

祇園の町が栄え出したのは江戸時代中頃からと言います。当時八坂神社の参詣客が増え、加えて人気を集めた「かぶき踊り」を始めた出雲阿国(いずものおくに)が四条河原で勧進興行を行ったことがきっかけとなって、八坂神社に近い四条通、大和大路通(縄手通)が芝居町として人気を集め、人々が集まったことから次第に茶屋街が造られて発展したのでした。現在では、八坂神社から西へ伸びる四条通を境に、北側は祇園町北側、南側は祇園町南側と呼ばれます。

祇園町南側花見小路通にある所在地標識
祇園町南側花見小路通にある所在地標識
「東山区 花見小路四條下(さが)ル」と表記されています。

花見小路通(はなみこうじどおり)は、この祇園町北側と南側を貫く南北の通りで、北は三条通、南は安井北門通までの約1kmの通りです。花見小路通は、東西に通る四条通を境にして、北側には近代的なビルが立ち並んでいますが、南側は花街・祇園の顔ともいえる古都の情緒にあふれる町並みとなっています。

祇園町南側のこの一帯は、かつて花見小路通の南の突き当たりにある建仁寺の寺領だったといいます。建仁寺はかつて京都五山の一つにまで挙げられたお寺です。明治4年(1871)太政官布告で上知令(あげちれい。上地令とも表記。)が布告され、境内を除き寺社領が国に没収されることになりました。これによって建仁寺の敷地はそれまでの半分ほどにまでに狭められてしまいました。それから3年後の明治7年(1874)になると、祇園甲部お茶屋組合が建仁寺から没収されていた約7万坪余りの土地を買い上げ、花街として開発することにしたのでした。この時真ん中に南北に通されたのが花見小路通でした。

四条通から祇園町南側の花見小路通に入るとそれまでの趣きとは打って変わって、犬矢来(いぬやらい。※)や京格子を配したり、二階にすだれを掛けた町家などが並ぶ、京都らしい景観が広がります。花見小路通からは左右にたくさんの入り組んだ路地も出ています。そして花見小路通の両側とその路地を入った界隈には、京格子、すだれの掛かった2階など、昔ながらのたたずまいのお茶屋造りの町家が連なっています。

※犬矢来…
雨の跳ね返り等から建て物を保護するための緩やかな曲線上の垣根。

祇園町南側の花見小路通は、表通りの晴れがましい雰囲気とは一味違う、粋な花街風情が濃厚に漂っている通りで、舞妓さんや芸妓さんも往来する、その名の通り、華やかな情緒をもった通りです。

祇園町南側の花見小路通は京都市の歴史的景観保全修景地区に指定され、平成14年には石畳が敷かれました。雅やかなその町並みは京都を代表する歴史的な景観地区です。

路地で
路地で

【アクセスマップと近隣の観光スポット】
※マップの操作については下記をご参照ください。

【マップ掲載番号の説明】

図中の右上に表示されている「地図」をクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、図を拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 祇園新橋巽橋
  2. 花見小路
  3. 安井北門通
  4. 建仁寺

マップの操作について

  • マップの上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • マップの左にある+(プラス)ボタンをクリックする毎にマップが拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎にマップが縮小されます。
  • 図の右上にある[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。
posted by はんなり・ジャーニー at 19:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る