八坂の塔
〜古都・スポット風景〜

八坂の塔
八坂の塔
京都市街地の街中にあってひときわ高くそびえたつ八坂の塔は周辺のランドマークとなっています。

東大路通と八坂通の交差点(下記マップ参照)から東の方を向くと街中にひときわ高くそびえ立つ塔が見えてきます。八坂の塔(五重塔)です。

八坂の塔は、法観寺(ほうかんじ)という平安京遷都(794年)以前から存在している古い寺院に建つ塔です。寺伝によると、法観寺は聖徳太子によって建立されたとして伝わっています。

聖徳太子御建立

創建以来度々火災により焼失したとされますが、その都度再建されてきました。治承(じしょう)3年(1179)の火災時には源頼朝によって再建されたと伝えられています。現在の塔は室町時代中期の永享(えいきょう)12年(1440)、室町幕府第6代将軍足利義教(あしかがよしのり)によって再建されたものです。

本瓦葺(ほんかわらぶ)き五層、方6m、高さ46mの、白鳳時代の建築様式を伝える、純然たる和様建築です。

八坂の塔
八坂の塔
東大路通と八坂通の交差点から東へと延びる緩やかな石畳の坂道、別名「夢見坂」より。
八坂の塔
八坂の塔
東山花灯路開催中に高台寺近辺より。
ライトアップされ、暗がりの中から浮かび上がっています。

【アクセスマップと近隣の観光スポット】
※マップの操作については下記をご参照ください。

【マップ掲載番号の説明】

図中の右上に表示されている「地図」をクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、図を拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 清水道(松原通)
  2. 産寧坂(三年坂)
  3. 二寧坂(二年坂)
  4. 一念坂
  5. 八坂の塔
  6. 夢見坂
  7. 東大路通
  8. 八坂通
  9. 維新の道
  10. ねねの道
  11. 石塀小路(地図の上側に隠れていますので、下にドラッグして下さい。)

マップの操作について

  • マップの上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • マップの左にある+(プラス)ボタンをクリックする毎にマップが拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎にマップが縮小されます。
  • 図の右上にある[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。
posted by はんなり・ジャーニー at 10:49 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る