祇園白川宵桜ライトアップ
〜古都・スポット風景〜

祇園白川宵桜ライトアップ
祇園白川宵桜ライトアップ
八坂神社の石段下から延びる四条通などの京都随一の繁華街から近いこともあり、日が暮れるにつれて多くの人で賑わってきます。
祇園白川宵桜ライトアップ
開催期間:2012年3月30日(金)〜4月15日(日)
点灯時間:午後6時〜午後10時00分
場所:白川南通(川端通〜辰巳大明神)
期間中には
祇園新橋花灯路
芸舞妓さんの撮影会(4月4日(水)午後3時〜午後5時。無料)
も開催。
尚、開催期間など最新情報につきましては、下記のマップ内に掲載していますリンク先にてご確認ください。

祇園白川宵桜ライトアップ

当初地元の有志で辰巳大明神(たつみだいみょうじん)の桜をライトアップしていたそうですが、その後白川沿いを通る白川南通に植えてある桜をライトアップする催しとなり、かれこれ20年以上経つといいます。そして、ライトアップで使用する電気は、京都市内の市民参加型おひさま発電所で発電したグリーン電力で賄っているそうです。

日が暮れて、照明効果が高まってくると、桜の艶やかさが一段と増して、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気となり、多くの人が見入っては、いたるところでその情景を写真に収めています。

祇園白川宵桜ライトアップ祇園白川宵桜ライトアップ(8枚の写真が表示されます。)
写真 
新橋の上から見た白川のせせらぎ。桜の花びらに彩られて何とも華やいだ光景です。

祇園新橋花灯路

殆どの町家が江戸時代末期の元治(げんじ)2年(1865)の大火直後に建てられ、祇園発祥の地である祇園新橋は、往時の名残りが偲ばれる地域です。建築学上からも重要な文化財とされ、現在に至るまで連綿と引き継がれて国の重要伝統的建造物群保存地区(※)に選定されています。

※重要伝統的建造物群保存地区
日本の文化財保護法に規定する文化財種別の1つで、市町村が条例などにより決定した伝統的建造物群保存地区のうち、文化財保護法の規定に基づき、日本にとって特に価値が高いものとして国(文部科学大臣)が選定したものを指します。

通りに沿って配置され明かりが灯り始めた花灯路で照らされた新橋通は、昼間の喧騒とは打って変って森閑とした静けさに包まれています。が、それもしばらくの間のことで、お茶屋さんが並ぶ新橋通はこれから活気付いてきます。

祇園新橋花灯路祇園新橋花灯路(7枚の写真が表示されます。)
写真 
お茶屋さんが軒を連ねる新橋通の風情ある町並み。

芸舞妓さん撮影会

祇園白川宵桜ライトアップの期間中には、芸舞妓さん撮影会も開催されました。撮影会といっても幔幕(まんまく)などで囲われた所で行われるのではなく、白川沿いの通りでの一般公開の撮影会です。ですからたまたま観光で通りかかった人達も舞妓さんの姿をカメラに収めることが出来ます。

2012年は当初の予定を3月31日(土)としていましたが、大雨の予報が出たことにより4月4日(水)に変更されています。

今回は京都五花街の祇園甲部と宮川町から二人の舞妓さんで、切り通しを通って巽橋までやってくると、写真を取ろうと待ち構えていた人達は、その艶やかさに見とれてしまいます。間に舞妓さんの休憩を挟んで合計約2時間の撮影会で、舞妓さんの周りは人だかり。撮影場所変更の為に舞妓さんが白川南通を移動する時には、写真を撮ろうとする人達も一緒にぞろぞろと移動。舞妓さんがポーズをとると、この時とばかりに周囲のあちこちでシャッターを切る音が鳴り響きます。

2012年の撮影会では、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とそれが引き起こした津波・余震による大規模地震災害の東日本大震災の復興支援プロジェクトとして、桜の苗木を贈るとのことで、さくら募金の募集に舞妓さんも一役買っていました。

舞妓さん舞妓さん(13枚の写真が表示されます。)
写真 
切り通しを抜け巽橋を渡って晴れやかに登場する二人の舞妓さん。
一瞬目を見張ります。

【アクセスマップと近隣の観光スポット】
※マップの操作については下記をご参照ください。

【マップ掲載番号の説明】

図中の右上に表示されている「地図」をクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、図を拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 新橋
  2. 辰巳大明神
  3. かにかくに碑…歌人・吉井勇(よしいいさむ)の古稀(70歳)の祝いとして、湯川秀樹、滋賀直哉、谷崎潤一郎、大佛次郎(おさらぎじろう)、新村出(しんむらいずる)他錚々たるメンバーが発起人となり建立された歌碑。
  4. 巽橋
  5. 切り通し
  6. 白川

マップの操作について

  • マップの上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • マップの左にある+(プラス)ボタンをクリックする毎にマップが拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎にマップが縮小されます。
  • 図の右上にある[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。
posted by はんなり・ジャーニー at 20:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る