車折神社

拝殿
拝殿
春は桜、秋は紅葉が境内を彩ります。

渡月橋北詰の交差点から三条通りに沿って東へ1キロメートルほどの所に位置する車折神社(くるまざきじんじゃ)。

東映や松竹の撮影所(共に京都市右京区太秦(うずまさ))も比較的近くにあることから時代劇などで映画やドラマのロケにも使用され、また末社として芸能神社があることでも知られています。

今日嵯峨野にある落柿舎(らくししゃ)は、かつてこの車折神社の境内の一隅にあって俳諧道場として使用されていたこともあったといいます。

前身

車折神社の祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)という人で、平安時代後期の著名な漢学者・儒学者として知られる人です。

その一族には、先の平安時代中期の歌人で三十六歌仙の一人である清原元輔(もとすけ)や、その娘の清少納言(せいしょうなごん)がいます。いわゆる、儒学者・文学者の家系といえます。

日本の律令制における立法・行政・司法を司る最高国家機関である太政官(だいじょうかん)に属した官職の一つ、外記(げき)。この職は、太政官から天皇に上げる上奏文の起草、詔勅の訂正、先例の勘考や朝廷の儀式の執行などをつかさどっていました。

そして外記の中でも上位の官に当たる大外記(だいげき)。頼業は、更にその筆頭である局務(きょくむ)の職を24年間もの長期に亘って務め、和漢の学識と実務の手腕は当代無比といわれました。

晩年には摂政(せっしょう)九条兼実(くじょうかねざね)より政治の諮問を受けるようになります。頼業は九条兼実を補佐し、後白河(ごしらかわ)上皇への政策を進言したといいます。九条兼実はことあるごとに頼業の博識なることに触れ、その日記『玉葉』(ぎょくよう)では頼業について「その才、神といふべく貴ぶべし」とまで絶賛しています。

平安末期の文治(ぶんじ)5年(1189)、頼業が世を去ると、嵯峨の領地(現在の車折神社のある社地)に葬られ、「大々外記殿の墳墓」が設けられます。

それから頼業の子孫によって、頼業の遺徳を偲んで廟が設けられて奉祀されることとなり、「清家の御廟・祖廟」として崇められるようになります。

やがて頼業の法名・宝寿院殿に因んで廟の傍らに「宝寿院」という寺が建立され、頼業の菩提を弔うこととなります。宝寿院は、古くは真言宗の寺院だったといいますが、頼業の逝去から180年ほど経った南北朝時代の応安(おうあん)年間(1368〜75)、頼業から四代の孫の時に禅宗寺院に改められ、足利尊氏(あしかがたかうじ)が開基となって暦応2年(1339)に創建された天龍寺の末寺(臨済宗天龍寺派)となっています。

頼業は生前桜をこよなく愛したことから廟の周囲には多くの桜が植樹されました。そのことからこの廟は「桜の宮」とも呼ばれ、また桜の名所としても知られるようになったといいます。そして、清家一族のみならず一般の人も頼業の徳を慕って参っていたといいます。

この廟が車折神社の前身です。

社名の由来

さて、車折神社の創祀および「車折」の名称の由来を記すものとして挙げられるのが江戸時代の説として伝わる『大日本史』(だいにほんし)と『雍州府志』(ようしゅうふし)です。

先ず『大日本史』では、

・・・子孫建祠祭之、後嵯峨帝賜号曰車折大明神。相伝、有人甞乗車過其祠、車忽折、因名焉。

頼業の子孫は祠を建てて頼業を祭っており、後嵯峨天皇から車折大明神の神号を賜った。言い伝えによると、かつてある人が車に乗って頼業の祠の前を通り過ぎようとしたところ忽ち車が折れた。車折の名はこれに因む、と伝えています。

一方、『雍州府志』ではその「桜宮」の項において、

下嵯峨清原頼業真人伝言亀山院嵐山行幸日車駕過此宮前途中有石所駕之牛於茲臥地而不進行供奉人怪之始知此宮主上下御車徒而行自茲此石称車前石今在社西宝殊院之門内

下嵯峨に清原頼業を祭る所がある。伝えられるところによると、亀山院の嵐山行幸の日、車駕(しゃが。行幸の際に天子が乗る車。)がこの宮の前を過ぎようとする途中に石があり、牛がここで地に臥して進まなくなった。これを怪しんだ供の者が調べてみると、この宮のあることが分かった。この報告を受けた亀山院は車を降りられて歩いて行かれた。こうしたことからこの石は車前(くるまさき)の石と呼ばれるようになった。この石は今、社地の西に位置する宝殊院(宝寿院)にある、と伝えています。

ここでは後嵯峨天皇の第七皇子である亀山院の話として「車前」の名が出てきます。

ところで、明治になって作成された『神社明細帳』(京都府神社庁蔵)には車折神社の「由緒」について次のように記されています。

(上略)然シテ文治四年四月世齢七十七ニシテ薨シ玉ヒ嵯峨ノ霊地ニ廟ヲ建ツ公常ニ桜樹ヲ愛シ玉ヒキヨリ

後鳥羽帝桜大明神ト神号ヲ下シ玉フ其後後嵯峨帝大堰川臨幸ノ時御車ヲ轟シ廟門ノ前ヲ過タマヒシニ遽然トシテ車不進帝奇異ニ思食御下問アリシニ土人ノ云此奥ニ清原頼業公ノ廟アリト

帝御車ヲ下リ御冠リヲ傾ケ玉ヒケレハ御車忽然トシテ轟ケリ

帝還幸ノ後勅シテ車折大明神ト神号ヲ玉フ其旧跡下車石今ニ存ス

こうして文治4年4月、77歳にして清原頼業は亡くなり(正しくは文治5年閏(うるう)4月14日没。68歳。)、その所領であった嵯峨の霊地に廟が建てられた。頼業公は桜を愛していたことから、後鳥羽天皇より桜大明神との神号を賜った。

その後、後嵯峨天皇が大堰川(おおいがわ)(現桂川)へ臨幸された時のこと。廟の前を過ぎようとした時、突然車が轟いて前に進めなくなった。なんとも不思議に思った後嵯峨天皇が調べさせたところ、地元の人の話からこの奥に清原頼業を祀る廟があることをお知りになった。

後嵯峨天皇は車を降りて納得して首を縦に振れられると車が忽然として轟いた。

後嵯峨天皇は還幸の後、この廟に「車折大明神」の神号をお贈りになられた。その旧跡は下車石として今もある。

これらは鎌倉時代中頃のことで、ここから「車前(くるまさき)(折(さき))」という名が使われることになります。そしてこれ以後、「車折神社」と称することになったといいます。

しかし、鎌倉時代の中頃に後嵯峨天皇から車折大明神の神号を賜ったものの、「車折」の名を冠した神社・大明神が一般の人々の間に広まったのは、即ち一般に、頼業の廟が車折神社に、頼業が車折大明神と呼ばれるようになったのは、江戸時代中頃の宝永(ほうえい)7年(1710)以降と見られています。それまでは「車折神社」と呼ばれることはなく、「桜の宮」あるいは「冥官の社」の名称が使われていました。

頼業の「廟」であったものが「神社」へと発展することになります。

これは後嵯峨天皇そしてその第七皇子であった亀山天皇は儒学の興隆に尽くしたとされますが、鎌倉時代の中頃は学問衰微の時期にあったこともあり、儒学者・清原頼業が車折大明神として、あるいはその廟が車折神社として広まるのには時期尚早だったのかもしれません。

江戸時代になると徳川家康が朱子学派儒学者林羅山(はやし らざん)を起用するなど、儒学が盛んとなってきます。自然、清原頼業は儒学者から学問の祖神として崇敬されるようになります。そしてこれが儒学者のみならず一般の人々へも時をかけて徐々に信仰が広がっていったのと関連があるのかもしれません。

宮司となって復興

明治と改元される半年前の慶応4年3月から発布された神仏分離令(正式には神仏判然令)により、車折神社は宝寿院から独立することになります。

しかしその後次第に荒廃していったようです。

この事を聞かされ、復興に向けて動き出した人物がいました。日本における最後で最大の文人画家と謳われた京都出身の儒学者にして文人画の巨匠の富岡鉄斎(とみおかてっさい)です。

鉄斎は生涯で一万点以上といわれる絵画作品をのこしつつも、本人は「わしは絵かきではない。儒者だ。」と自ら画家と呼ばれることを嫌い、終生学者(儒者)であることを自任した人です。そして「わしの絵を見るなら、まず賛を読んでくだされ。」と、鉄斎は事あるごとにこう語ったといいます。

鉄斎は明治9年(1876)、41歳の時に石上(いそのかみ)神宮(奈良)や大鳥(おおとり)神社(大阪)などで宮司を務め荒廃していた社殿の復興にあたったことがありました。その後、これら神社の復興を成し得た鉄斎はその職を辞して、京都の自宅に戻っていました。

鉄斎が車折神社の荒廃を知るきっかけとなったのはこの時期でした。

鉄斎の家へ嵯峨から肥取りに来る人が車折神社の荒廃を嘆いてその状況を伝えます。そして鉄斎に立て直してくれるように頼んだのです。

車折神社の祭神である清原頼業は、鉄斎は自らが修めている儒学の神として敬慕していたことからこの頼みを引き受け、明治21年(1888)2月、自ら車折神社の宮司となります。53歳の時です。

当時の境内は寂しく、加えて、今では想像もつきませんが、兎がピョンピョン飛んでいたようです。

鉄斎が宮司となった年は、清原頼業の逝去から700年目の祭事の年にあたっていました。祭事を執り行うにはそれなりの資金が必要となりますが、当寺の信者からは資金の調達をするのは難しかったようです。

かつて石上神宮や大鳥神社の復興資金の調達には、鉄斎が自分の書画を贈りものにして資金を調達したといいます。が、これには何かと批判があったようです。

この反省によるものか、今回は、鉄斎は知己の画家や書家に書画の寄贈を依頼します。そしてこれを宝寿院の本堂で有志に頒布して資金を集めたといいます。世に知られた鉄斎ならではの資金調達法だったといえます。ちなみに、宝寿院は後の昭和54年(1979)2月、滋賀県大津市と京都市左京区の中間部の比叡山中腹部に位置する比叡平(ひえいだいら)に移転しています。

こうして清原頼業の700年祭は無事に斎行され、次第に社殿の復興へと向かって行くことになります。

鉄斎が車折神社の宮司を務めたのは明治26年(1893)9月までの5年間です。神社の運営が軌道に乗ったと判断し自分の役割を遂げたと見たのか、鉄斎は自ら宮司の辞職願を提出したといいます。

その後鉄斎はかねてより念願にしていた画業に集中して打ち込むこととなります。

その後のエピソードを一つ。

鉄斎の名が益々世に知られるようになったのか、鉄斎に揮毫を頼みたいとする人たちが鉄斎の家に押しかけるようにやって来るようになります。この時鉄斎の家の前はまるで、門前市をなす盛況だったようです。しかし、これに困惑した鉄斎は、揮毫依頼にやって来た人との面会謝絶の札を玄関に貼って断ったとか。

写真集写真集(37枚の写真が表示されます。)
写真 
表参道入口
三条通(手前の道路)沿いに立つ一の大鳥居。ここから車折神社(写真奥)へと通じる参道は、かつて馬に乗った高貴な人が参詣の折りに通行するなり、馬をつないであったことなどに因んで「車折ばんば(馬場)」と呼ばれています。
写真右下に京都バスの「車折神社前」バス停が見えます。嵐山・渡月橋は西方面(写真左)になります。
≪関連情報≫
項目 内容
所在地 京都市右京区嵯峨朝日町23
祭神 清原頼業
例祭 5月14日
主な祭事 三船祭(みふねまつり)

【境内概観図】※図の操作については下記をご参照ください。

【マップ掲載番号の説明】

図中の右上に表示されている「地図」をクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、図を拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 三条通
  2. 一の大鳥居
  3. 社号柱(旧第二鳥居跡)
  4. 第三鳥居
  5. 表参道
  6. 筆塚(鉄斎)
  7. 芸能神社
  8. 清少納言社
  9. 車折神社碑(鉄斎筆)
  10. 中門
  11. 渓仙桜
  12. 手水舎
  13. 本殿入口
  14. 本殿
  15. 清めの社
  16. 漱芳軒
  17. 地主神社
  18. 裏参道
  19. 社号標(鉄斎筆)
  20. 京福電車(嵐電)車折神社駅

図の操作について

  • 図の上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • 図の左にある+(プラス)ボタンをクリックする毎に図が拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎に図が縮小されます。
  • 図の右上にある[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。

近隣の観光スポット情報

上記の【境内概観図】をご参照ください。

posted by はんなり・ジャーニー at 16:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る