時代祭2016
〜古都・スポット風景〜

平安神宮応天門前にて
平安神宮応天門前にて
10月22日の午前7時、時代祭は平安神宮において祭文が奏上されて始まり、平安神宮の祭神である桓武(かんむ)天皇・孝明(こうめい)天皇の神霊が2基の鳳輦にうつされます(神幸祭(しんこうさい))。
午前9時になると、桓武天皇・孝明天皇の2基の鳳輦を中心とする神幸列が京都御所建礼門前行在所(あんざいしょ。天皇が外出したときの仮の御所。仮宮(かりみや)。)に向かって平安神宮を出ます。
平安神宮応天門前には神幸列の一団が出発を待っているようです。

平安京に都を遷した桓武天皇、平安京最後の天皇となった孝明天皇を祭神とする平安神宮の祭礼である時代祭が今年(2016)も10月22日に行われました。

平安神宮の祭神である桓武・孝明の両天皇が一年に一度巡幸して、民の平安な暮らしぶりを親しくご覧になるのが時代祭で、平安時代から明治時代までの衣装をまとったおよそ2000人から成る行列が歴史絵巻を繰り広げます。

平安遷都1100年と平安神宮創建を記念して明治28年(1895)に始まり、戦争などで途中10回の中止があった中、今年で112回目にあたるという時代祭は、その開催が5年ぶりに週末と重なったこともあって、平安神宮、京都御苑、そして沿道にはぞくぞくと多くの人たちが詰めかけていました。

今年は鎌倉時代の藤原為家(ふじわらのためいえ)の室や幕末の公家の装束をはじめ、風流傘上部の造花など計216点の衣装や装具が新調されたといい、古都の秋を彩っていました。

【関連記事】
時代祭
時代祭2012
時代祭2013
時代祭2015
写真集写真集(32枚の写真が表示されます。)
写真 
応天門の正面へ
人が集まっています。

【近隣観光マップ】

※マップの操作については下記をご参照ください。

【マップ掲載番号の説明】

マップ中の[地図]のボタンをクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、マップを拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 平安神宮
  2. 京都御所
  3. 下鴨神社
  4. 銀閣寺
  5. 法然院
  6. 安楽寺
  7. 哲学の道
  8. 真正極楽寺(真如堂)
  9. 金戒光明寺
  10. 禅林寺(永観堂)
  11. 南禅寺

マップの操作について

  • マップの上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • マップ中の+(プラス)ボタンをクリックする毎にマップが拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎にマップが縮小されます。
  • マップ中の[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。

近隣の観光スポット情報

上記の【近隣観光マップ】をご参照ください。

posted by はんなり・ジャーニー at 15:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る