賀茂祭(葵祭)2017
〜古都・スポット風景〜

出発
出発
午前10時半ごろ、祭列が京都御所建礼門(写真奥に見える小さい方の茶色の屋根の建物)前から動き出しました。
建礼門と紫宸殿(写真奥に見える大きな茶色の屋根の建物)を背にして進む様はいつもながら壮観な眺めです。

5月15日、京都三大祭のトップを飾って、下鴨神社と上賀茂神社の例祭である賀茂祭(かものまつり/かもさい)が京都市内で繰り広げられました。約1400年前の欽明(きんめい)天皇の時代に風雨を鎮め、五穀豊穣(ほうじょう)を祈ったのが始まりとされています。

江戸時代の中頃からは、祭の当日、御所車、参列者の衣装や冠等をフタバアオイの葉で飾るようになったことから「葵祭」(あおいまつり)とも呼ばれるようになっています。

祭列が道路を進む「路頭の儀」は、平安装束に身を包んだ総勢約500人、牛馬40頭、そして風流傘などから構成された約1キロメートル近くにも及ぼうかという列が、京都御所建礼門(けんれいもん)前を出発し、下鴨神社を経て上賀茂神社までの約8キロメートルを雅な平安絵巻を繰り広げながら行進して行われます。

沿道には多くの人が詰め掛け、平安装束に身を包んだ祭列が新緑の都大路を優雅に進む王朝絵巻のような光景に見入っていました。

【関連情報】
賀茂祭(葵祭)
賀茂祭(葵祭)2012
賀茂祭(葵祭)2013
斎王代「御禊の儀」2014
賀茂祭(葵祭)2014
賀茂祭(葵祭)2015
賀茂祭(葵祭)2016
写真集写真集(35枚の写真が表示されます。)
写真 
京都御苑
行進が進んで祭列が長く伸びていきます。

【近隣観光マップ】※図の操作については下記をご参照ください。

【図中番号の説明】

図中の[地図]のボタンをクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、図を拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 京都御所
  2. 糺の森
  3. 下鴨神社(賀茂御祖神社)
  4. 上賀茂神社(賀茂別雷神社)
  5. 大徳寺
  6. 相国寺
  7. 北野天満宮
  8. 二条城
  9. 平安神宮

図の操作について

  • 図の上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • 図中の+(プラス)ボタンをクリックする毎に図が拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎に図が縮小されます。
  • 図中の[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。

近隣の観光スポット情報

上記の【近隣観光マップ】をご参照ください。

posted by はんなり・ジャーニー at 14:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る