時代祭2018
〜古都・スポット風景〜

2年ぶりに!
2年ぶりに!
昨年は台風21号の接近に伴って時代祭が中止となっています。天候の理由による中止は、平安遷都1100年と平安神宮創建を記念して始まった明治28年(1895)の第1回以降初めてのことでした。ということで、今年は2年ぶりの開催となりました。
平安神宮に向かって正午から京都御所建礼門前を次々と出発する時代行列による歴史絵巻が、爽やかな秋晴れに恵まれた都大路を華やかに彩っていました。

平安京に都を遷した桓武(かんむ)天皇、平安京最後の天皇となった孝明(こうめい)天皇を祭神とする平安神宮の祭礼である時代祭が10月22日に行われました。時代祭は京都三大祭の一つでもあります。

平安神宮の祭神である桓武・孝明の両天皇が一年に一度巡幸して、民の平安な暮らしぶりを親しくご覧になるのが時代祭で、平安時代から明治時代までの衣装をまとったおよそ2000人から成る行列が歴史絵巻を繰り広げます。

今年は、鳥羽・伏見の戦いに始まり函館戦争に終結した戊辰(ぼしん)戦争(慶応4(明治元)年(1868)〜明治2年)で官軍に加わり、旧幕府軍と転戦した農民らによる義勇兵「山国隊」(やまぐにたい)が101年ぶりに時代祭で雄姿を見せました。また、昨年27年ぶりに平安時代婦人列の清少納言(せいしょうなごん)の十二単(ひとえ)の衣装が新調されるも祭りの中止により今回がお披露目となったり、維新志士列の久坂玄瑞(くさかげんずい)や吉村寅太郎(よしむらとらたろう)の具足が約50年ぶりに新調されるなどして、観衆の注目を集めていました。

【関連記事】
時代祭
時代祭2012
時代祭2013
時代祭2015
時代祭2016
写真集写真集(17枚の写真が表示されます。)
写真 
ん・・・
丸太町通(まるたまちどおり)沿いにある京都御苑の南の入口「富小路(とみのこうじ)口」から入って歩いていると、時代行列に参加する馬たちが御苑内に入ってきました。向かっているのは、時代行列の出発地点である京都御所建礼門前の方向です。

【近隣観光マップ】

【マップ掲載番号の説明】

  1. 平安神宮
  2. 京都御所
  3. 下鴨神社
  4. 銀閣寺
  5. 法然院
  6. 安楽寺
  7. 哲学の道
  8. 真正極楽寺(真如堂)
  9. 金戒光明寺
  10. 禅林寺(永観堂)
  11. 南禅寺

近隣の観光スポット情報

上記の【近隣観光マップ】をご参照ください。

posted by はんなり・ジャーニー at 10:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る