三船祭2018
〜古都・スポット風景〜

船遊び祭場
船遊び祭場
写真は渡月橋から大堰川(おおいがわ。桂川。)の上流を望んだもので、三船祭の船遊びの祭場となるところです。大堰川右岸に見えるのは新緑滴るばかりの嵐山の木々です。
一方、写真右端に見える左岸には船遊びで使われる船の一団が見えています。
そして・・・(下記写真集の写真1へ)

車折神社(くるまざきじんじゃ)の祭事(5月第3日曜日開催)で、平安時代の船遊びを再現した三船祭(みふねまつり)が今年は5月20日に催されました。

随筆『枕草子』で知られる平安時代中期の女流文学者清少納言(せいしょうなごん)が車折神社の祭神清原頼業(きよはらのよりなり。漢学者・儒学者。)の一族であることもあり、より多くの人に祭を楽しんでもらおうと、祭に清少納言役が設けられたといいます。

三船祭は、その清少納言を先頭に、平安時代の貴人に扮した人々が、嵐山公園中之島地区から渡月橋上流の大堰川左岸にある船着き場まで行列し、神事を執り行って、優雅で情緒のある平安の王朝絵巻を再現した船遊びが行われる、というものです。

渡月橋上流の大堰川沿いには、今では随分と増えた外国人観光客も含めて多くの人たちが集まり、川面で繰り広げられる船遊びに見入っていました。

【関連情報】
三船祭
写真集写真集(28枚の写真が表示されます。)
写真 
船遊び祭場
渡月橋から視線を大堰川の左岸寄りへと移すと見えてくるのがお椀を伏せたような丸い形をした小倉山(写真右)です。この小倉山と嵐山とに挟まれた絶景の場所において、優雅で情緒のある平安の王朝絵巻を再現した船遊びが繰り広げられます。
船遊びで使われる船の一団が写真左端に見えます。

【近隣観光マップ】※図の操作については下記をご参照ください。

【図中番号の説明】

図中の[地図]のボタンをクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、図を拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 渡月橋
  2. 車折神社御旅所
  3. 大堰川(桂川)
  4. 船着き場
  5. 天龍寺
  6. 宝厳院
  7. 嵐山公園亀山地区
  8. 嵐山公園中之島地区
  9. 法輪寺
  10. 嵐山

図の操作について

  • 図の上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • 図中の+(プラス)ボタンをクリックする毎に図が拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎に図が縮小されます。
  • 図中の[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。

近隣の観光スポット情報

上記の【近隣観光マップ】をご参照ください。

posted by はんなり・ジャーニー at 14:32 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賀茂祭(葵祭)2018
〜古都・スポット風景〜

厳かに
厳かに
京都御所の正門である建礼門(けんれいもん)前を進む腰輿(およよ)に乗った斎王代(さいおうだい)の列。葵祭のヒロインが進む様は、古の王朝絵巻を想起させる優雅な光景です。

5月15日、京都三大祭のトップを飾って、下鴨神社と上賀茂神社の例祭である賀茂祭(かものまつり/かもさい)が京都市内で繰り広げられました。約1400年前の欽明(きんめい)天皇の時代に風雨を鎮め、五穀豊穣(ほうじょう)を祈ったのが始まりとされています。

江戸時代の中頃からは、祭の当日、御所車、参列者の衣装や冠等をフタバアオイの葉で飾るようになったことから「葵祭」(あおいまつり)とも呼ばれるようになっています。

祭列が道路を進む「路頭の儀」は、平安装束に身を包んだ総勢約500人、牛馬40頭、そして風流傘などから構成された約1キロメートル近くにも及ぼうかという列が、京都御所建礼門(けんれいもん)前を出発し、下鴨神社を経て上賀茂神社までの約8キロメートルを雅な平安絵巻を繰り広げながら行進して行われます。

京都市内は雲一つない晴天に恵まれ、午後には気温が30度を超えて今年初の真夏日を迎えたようですが、沿道には多くの人が詰め掛け、平安装束に身を包んだ祭列が新緑の都大路を優雅に進む王朝絵巻のような光景に見入っていました。

【関連情報】
賀茂祭(葵祭)
賀茂祭(葵祭)2012
賀茂祭(葵祭)2013
斎王代「御禊の儀」2014
賀茂祭(葵祭)2014
賀茂祭(葵祭)2015
賀茂祭(葵祭)2016
賀茂祭(葵祭)2017
写真集写真集(23枚の写真が表示されます。)
写真 
京都御苑
定刻の午前10時半ごろ、祭列が建礼門(写真右奥)前から動き出しました。

【近隣観光マップ】※図の操作については下記をご参照ください。

【図中番号の説明】

図中の[地図]のボタンをクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、図を拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 京都御所
  2. 糺の森
  3. 下鴨神社(賀茂御祖神社)
  4. 上賀茂神社(賀茂別雷神社)
  5. 大徳寺
  6. 相国寺
  7. 北野天満宮
  8. 二条城
  9. 平安神宮

図の操作について

  • 図の上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • 図中の+(プラス)ボタンをクリックする毎に図が拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎に図が縮小されます。
  • 図中の[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。

近隣の観光スポット情報

上記の【近隣観光マップ】をご参照ください。

posted by はんなり・ジャーニー at 18:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都・東山花灯路2018
〜古都・スポット風景〜

青蓮院入り口
青蓮院入り口
ライトアップされた青蓮院(しょうれんいん)のシンボルともいえる楠(くすのき)の大木。夕闇に包みこまれていく中でその大きな姿が浮かび上がってきます。
青蓮院では、境内全域がライトアップされた夜間特別拝観が行われています。
京都・東山花灯路(ひがしやまはなとうろ)
開催期間:2018年3月9日(金)〜3月18日(日)
点灯時間:午後6時〜午後9時30分
場所:青蓮院界隈から清水寺周辺一帯

青蓮院(しょうれんいん)界隈から清水寺(きよみずでら)周辺一帯までの東山(ひがしやま)の風情ある町並みを、2,500基の露地行灯の明かりとその沿道の10か所に設けられた生け花とによって魅力的に演出し、加えて、様々なイベントが開催される「東山花灯路」。今年で16回目を迎えました。

今回初めて青蓮院前から清水寺まで巡ってみました。

【関連情報】
京都・東山花灯路
京都・東山花灯路2013
京都・東山花灯路2014
京都・東山花灯路2015
京都・東山花灯路2016
京都・東山花灯路2017
写真集写真集(19枚の写真が表示されます。)
写真 
青蓮院の四脚門前
青蓮院入り口前の神宮道(じんぐうみち)を少し南へ行くと、道路に面した石段の上にライトアップされた生け花が見えてきます。そして生け花の背後には気品を漂わせる青蓮院の四脚門(しきゃくもん)。ひっそりとした中に優美な演出が行われています。
このまま知恩院(ちおんいん)三門前へと向います。

【アクセスマップと近隣の観光スポット】
※マップの操作については下記をご参照ください。

【マップ掲載番号の説明】

マップ中の[地図]のボタンをクリックして、その下に表示される「航空写真」をクリックし、マップを拡大表示する(下記「マップの操作について」参照)とよりはっきりと見ることができます。
  1. 青蓮院
  2. 知恩院
  3. 円山公園
  4. 八坂神社
  5. 大谷祖廟(東大谷)
  6. 西行庵
  7. 芭蕉堂
  8. 圓徳院
  9. 高台寺
  10. ねねの道
  11. 石塀小路
  12. 高台寺公園
  13. 維新の道
  14. 法観寺・八坂の塔
  15. 一念坂
  16. 二寧坂(二年坂)
  17. 産寧坂(三年坂)
  18. 清水寺
  19. 八坂通

マップの操作について

  • マップの上でマウスを任意の方向に動かす(ドラッグする)と表示範囲が変わります。
  • マップ中の+(プラス)ボタンをクリックする毎にマップが拡大され、−(マイナス)ボタンをクリックする毎にマップが縮小されます。
  • マップ中の[地図]のボタンをクリックすると地図タイプを切り替えることができます。
  • 非表示にした吹き出しを再度表示するには、赤いアイコンをクリックして下さい。
  • 最初の状態に戻すには、キーボードのF5キーを押下してください。
posted by はんなり・ジャーニー at 10:53 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ戻る

トップの写真

東寺

東寺

平安京草創の原点を地上に示す唯一の建造物群である東寺。五重塔と並んで高く伸びる不二桜(八重紅枝垂桜)は満開を迎えるとひと際抜きんでてその艶やかさを見せています。
三船祭

三船祭

優雅で情緒のある平安の王朝絵巻が、新緑したたるばかりの嵐山の麓、渡月橋上流の絶景の場所にて繰り広げられます。
東山花灯路

東山花灯路

新春の東山の青蓮院界隈から清水寺周辺一帯までの風情ある町並みが、露地行灯の明かりとその沿道に設けられた生け花とによって魅力的に演出されます。

古都・スポット風景

三船祭2018

三船祭2018

渡月橋上流の大堰川で繰り広げられる平安の王朝絵巻を再現した優雅な船遊びに、多くの人たちが見入っていました。
賀茂祭(葵祭)2018

賀茂祭(葵祭)2018

今年初の真夏日を迎えた中、沿道には多くの人が詰め掛け、王朝絵巻さながらの優雅な祭列が新緑の都大路を練り歩く光景に見入っていました。
京都・東山花灯路2018

京都・東山花灯路2018

青蓮院前から清水寺まで巡ってみました。
春の風景2018

春の風景2018

例年になく厳しかった寒さのトンネルの出口がやっと見え始めました。
京都・嵐山花灯路2017

京都・嵐山花灯路2017

夜の「嵐山モンキーパークいわたやま」へ登ってみました。
秋の風景2017

秋の風景2017

紅葉の季節がやって来たということで、洛西の嵐山・嵯峨野方面を訪ねました。
五山送り火2017

五山送り火2017

今年は昨年と同じ上賀茂橋へと向かいました。
祇園祭2017〜後祭・山鉾&花傘巡行〜

祇園祭2017〜後祭・山鉾&花傘巡行〜

華麗な装飾品を纏った勇壮な山鉾の姿は沿道に詰め掛けた人を魅了し、「子供神輿」をはじめとする花傘巡行もまた観衆の目を引き付けていました。
祇園祭2017〜前祭山鉾巡行〜

祇園祭2017〜前祭山鉾巡行〜

昨年の5年ぶりの日曜日での開催に引き続き今年は祝日での開催ともなって、沿道は22万人の人で賑わいました。
賀茂祭(葵祭)2017

賀茂祭(葵祭)2017

平安装束に身を包んだ祭列が新緑の都大路を優雅に進む王朝絵巻のような光景に、見物に訪れた人たちは見入っていました。

新着情報

2018年5月25日
三船祭2018」を掲載しました。
2018年5月19日
賀茂祭(葵祭)2018」を掲載しました。
2018年4月16日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」にある「春の風景2018」に第四弾を追加しました。
2018年4月7日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」にある「春の風景2018」に第三弾を追加しました。
2018年3月28日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」にある「春の風景2018」に第二弾を追加しました。
2018年3月18日
京都・東山花灯路2018」を掲載しました。
2018年3月9日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」に「春の風景2018」を追加しました。
併せてトップ画像を変更しました。
2018年1月27日
嵐山モンキーパークいわたやま」を名所一覧に追加しました。(洛西
2017年12月30日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」にある「秋の風景2017」に第五弾を追加しました。
2017年12月18日
京都・嵐山花灯路2017」を掲載しました。
2017年12月9日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」にある「秋の風景2017」に第四弾を追加しました。
2017年11月29日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」にある「秋の風景2017」に第三弾を追加しました。
2017年11月19日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」にある「秋の風景2017」に第二弾を追加しました。
2017年11月11日
名所一覧の「古都・スポット写真集」の「春秋の風景」に「秋の風景2017」を追加しました。
2017年10月8日
トップ画像を変更しました。
2017年9月30日
宝厳院」を名所一覧に追加しました。(洛西
2017年8月18日
五山送り火2017」を掲載しました。(洛東
2017年7月29日
2017年7月21日
祇園祭2017〜前祭山鉾巡行〜」を掲載しました。(洛中
2017年7月10日
渉成園」を名所一覧に追加しました。(洛中

このページの先頭へ戻る

リンク¦プライバシーポリシー¦免責事項